今年のボーンデジタル Houdini Master Classは
『Marvel's Spider-Man』

2017年『Battlefield1』、2018年『Far Cry 5』に続き、
今年はインソムニアックゲームズの『Marvel’s Spider-Man(邦題:スパイダーマン)』の講演が決定しました!
インソムニアックゲームズの主席テクニカルアーティストである David Santiago 氏をゲストに迎え講演いただきます。
当日はSideFX社のPaul Ambrosiussen氏による講演も予定しております。

Houdiniを使用してどのようにマンハッタンの街を表現したかなど、
GDC 2019での講演内容より詳細な内容をご紹介いただきます。
ぜひこの機会にHoudiniをご検討ください。

ゲスト

David Santiago 氏

Principal Technical Artist
インソムニアックゲームズ
Webサイト

プロフィール:
David Santiago氏は南カリフォルニア大学大学院卒業後、NASAのジェット推進研究所に加わり、超安定光ファイバー分配システム、極低温マイクロ波発振器およびイオン光周波数標準の開発に貢献する。

その後、映像の世界に飛び込み、Digital Domainにて『ダンテズ・ピーク』、『フィフス・エレメント』、『タイタニック』、『アルマゲドン』などの作品のビジュアルエフェクト制作に携わる。
2012年よりインソムニアックゲームズ所属。 Sunset Overdrive(Xbox One)用のプロシージャルシステムをいくつも開発し、実装。PS4の『Ratchet & Clank(ラチェット&クランク)』、Oculus Riftの『Edge of Nowhere』を含む多々のプラットフォームのゲーム開発に携わり、『Marvel’s Spider-Man』では過去最大数のプロシージャルシステムを導入する。


当社入社前はビジュアルエフェクト兼アニメーションスーパーバイザーやコンサルタントとして10年以上に渡って従事し、2004年には著書『Creating 3D Effects for Film, TV and Games』を出版。デジタルエフェクトの世界について詳細に紹介している。長編映画、ミュージックビデオ、やコマーシャルのビジュアルエフェクトの監修や制作者として身を置く一方、クリエイティブなニーズをサポートするためのパイプラインデザインやプロセスの統合や最適化などにも日々注力している。

SideFX 登壇者


Paul Ambrosiussen氏 | SideFX
Paul Ambrosiussen 氏はテクニカルアーティスト兼ゲームツール開発者としてSideFXに所属しています。Paul は ブレダ応用科学大学の「ゲームアーキテクチャおよびデザイン」を卒業しています。現在は効果的なアートパイプラインをサポートするためのツールの作成、および彼がアシストしているアーティストのためのツールやワークフローの品質のメンテナンスを楽しんでいます。
彼の目標は他の人がより良い、より速くそしてより柔軟な方法で素晴らしいものを創造するのをサポートすることです。彼はチュートリアルを作成やライブ講義、イベントへの参加、そして顧客にカスタムワークショップを提供しています。

講演内容

このプレゼンテーションでは、『Marvel’s Spider-Man』を制作するために開発された多くのプロシージャルシステムをご紹介します。
Houdini を使用したプロシージャルシステムは、『Sunset Overdrive』用に初めてインソムニアックゲームズで開発され、
それ以降の作品すべてに活用されています。
地面や構造物を生成するための基本システムだけではなく、トラバーサルマークアップ、プロップ、クライムイベントなどを
配置するためのシステムも詳細に解説します。

オープンワールドのマンハッタンの街並み

Houdiniを使用した大規模地形生成。
『Sunset Overdrive』で開発したシステムを元に、『Marvel’s Spider-Man』でのいかにマンハッタンの街を表現したかをご紹介。

建物、歩行者、車両、ゴミなどの配置

街を彩るための建物、歩行者、車両の移動からゴミや水たまりの生成をどのように生成したかをご紹介。

開催概要

開催日時:2019年9月21日(土)14:00~18:30(セミナー後懇親会予定)
会場:受講票にてご案内します(東京23区内予定)

参加資格

下記条件に該当する方:
  • ボーンデジタルとのAUP契約が9月21日時点で有効な方*
  • 9月9日までにHoudini Core/FXを新規購入した方

*教育機関版・Houdini Engineは対象外
レンタルの場合は1年契約のみ

参加可能人数

参加可能人数:
  • Houdini Core 1名
  • Houdini FX 1名
  • レンタルライセンス(1年) 1名

申込方法

  1. 本ページに申し込みフォームへのリンクを追加しました。
  2. Houdini Core/FX AUP/レンタル(1年)をご契約いただいているメールアドレスに申し込みコードを6月28日に配信しているので受信トレイをご確認ください。
    ※フォームからお申込みいただく際にこのコードが必須です。
    ※配信されたコードは1度のみ使用可能です(1名1コード)。
    ※新規で購入した方には随時コードを送ります。
  3. 受講票は自動返信にて配信します。

お申し込み

下記よりお申し込みください。
【申し込み締め切り】9月13日(金)まで


※1コード1名まで登録可能です。
※受講票は自動返信にて届きます。

新規購入時の対象製品

下記製品を新規購入いただいた場合は参加コードをお送りします。


・Houdini Core WS(ノードロック)/LAL(フローティング)-商用版-
・Houdini FX WS(ノードロック)/LAL(フローティング)-商用版-
*教育機関版は対象外です。
*レンタルライセンスの場合は上記対象製品の1年が対象です。

問い合わせ先


こちらのフォームよりお問い合わせください。

ボーンデジタルWebサイトへ戻る